cocoa days

ミニチュアダックス・ココアと飼い主Mayunezuの試行錯誤の日々の記録。

最近の記事


ココア服従コレクション

今日は、うちの両親とともに近所の大きな公園に行ってきました。例によって、ものすごくたくさんのワンちゃんがいたわけですが、前回・前々回と比べ、犬に対するココアの態度が大きく変化しました。まあまずは見てください。(写真多くてすいません)
服従その1
服従その2
服従その3
服従その4
服従その5
服従その6
服従その7

ご覧のとおり、どの犬に会っても「とりあえず服従!」なのです。まずはフセをして待機。友好的だと分かるとおなかを見せてフリーズ。時が過ぎるのを待ちます^^; 自分のおもちゃが目の前にあっても、それを奪われても、黙って見てます……。(写ってるのはすべてココアのおもちゃ)

以前までは、友好的そうだと思った犬には突進していました。
ココアの態度が突然変わったのは、ある事件がきっかけでした。
ある日近所を散歩していると、良く会うビーグルのももちゃんと会いました。ももちゃんはココアとそれなりに友好関係があったので、その日もいつものように飼い主さんと話をしながら、2頭の様子を見ていました。

すると突然、ももちゃんがココアの鼻に噛み付いた(?)のです。
ココアは異常なほど騒ぎました。飼い主さんが心配して連絡先を教えてくれたのですが、私はその瞬間を見ていて、単にももちゃんはココアをつっついただけだと分かっていました。攻撃ではなく、多分警告だったのでしょう。世間知らずのココアは、先輩の洗礼を受けたのです。

その日からココアは、犬に対しては服従の姿勢を取るようになりました。自分より小さい子でも関係なく、とりあえず伏せて動かず様子を見て、相手が攻撃しないと分かったらちょっと挨拶したりします。逆に、相手が積極的に近づいてくると逃げます。

だけど、人に対する態度は相変わらずです。
人間大好き!わーい!!と誰にでも寄っていきます。おねーちゃんでもおじーちゃんでもおこちゃまでも無関係です。
かわいがられるココア
↑となりに犬がいても無視^^;
かわいがられるココア2
↑小さい子でも構わず寄っていきます。

ココアの中では多分、
「人間は近寄ればかわいがってくれる、犬は黙っていれば去ってくれる」
という図式が出来ているのでしょう^^;

これは、これでいいのか……な??

p.s.
本日のココアの服はcocoababaの新作。背中でとめるタイプの服で、着せやすいんですが、ココアにはちょっぴり小さかったみたい。作り直すそうです(笑)
拍手する!